まぁちゃんのおうち

我が家のペット事情 その15

ブログ

2019/03/03 我が家のペット事情 その15

kimg1205

小次郎が、トライアルにいってから、我が家みんなが甘えん坊

 

ゴエモンは、ずっと話しかけ、時折肩に乗りたがる。

 

まぁちゃんは、「いないんですけどぉ~~」と言わんばかりに話しかけ(笑)

 

天は、すぐ膝の上。

 

夏は、後ろから曲がった足をひっかけて、おんぶをせがむ。

 

リンちゃんは、狂ったように時々走り回り、抱っこで落ち着き。

 

変わらないのは、ライ・アリス・マロンだけ。

 

小次郎は、甘えん坊だったから、同じようにしたかったのかな?

 

小次郎は、元気にしているようで、人にはすっかり慣れたよう。

 

どうかな?新しいお家の家族にしてもらえるかな?

 

ガンバ!だよ小次郎。

 

ここ数日、アリスとライの調子が悪い。

kimg1204

 

 

散歩も途中で苦しそう。

 

たいして歩いていないのに。

 

ライは途中で抱っこになってしまいます。

 

10Kg重たいよ(笑)

 

アリスは薬も飲みたがらない。

 

もう、無理させなくていいかな?

 

薬も、いらないなら無理させなくていいかな?

 

そんなことを思うこのごろ。

 

薬を飲めば、少しは楽になり、少しでも長く生きられる。

 

薬をやめれば、苦しくなって倒れてしまう。

 

どっちが幸せなのかな?

 

☆・☆・☆一口メモ☆・☆・☆

かかりつけの獣医をつくりましょう。

人間もありますよね。

かかりつけ。

自分は、この病気の時は、●●内科とかって。

ワンちゃん、ネコちゃんも必要です。

かかりつけ病院は、カルテがあり、様子がわかります。

噂や口コミで、あっちこっちに病院をかえるのは危険です。

経過がわかりません。

まず、飼い主であるあなたがどんな獣医師をえらぶか

①設備の整った病院ですか?

②動物看護士の多い病院ですか?

③自分に対して親切な病院ですか?

④飼い主には厳しいですが、動物には優しい病院ですか?

⑤しっかり検査をしてくれる病院ですか?

⑥動物と常に会話をしてくれ動物第一に考えてくれる病院ですか?

⑦治療以外の相談ができ、アドバイスをくれる病院ですか?

⑧自分と合う先生をえらびますか?

⑨ペットと合う先生をえらびますか?

⑩治療してほしいところだけ見てくれる病院をえらびますか?

ワンちゃん、ネコちゃんは自ら病院を選ぶことはできません。

病院に行くと、飼い主さん以外は、すべてが恐怖でしかありません。

だから、私の病院選びは、

①診療室から飼い主を出さないこと。

「治療が終わるまで、待合室でお待ちください」なんてね。✖です。

②治療中も飼い主が動物のそばにいて、触れていられること。

「治療がありますから、●●ちゃんに触らないでください」とね。✖です。

③疑わしき病気を見つけてくれ、適格にアドバイスしてくれる先生であること。

だって、不安でしょ?病院って嫌のことされるんですから。

人が、どうじゃないんです。人がいいって言うからじゃないんです。

自分が信頼できる獣医師か?ワンちゃん、ネコちゃんが信用している獣医師か?なんです。