まぁちゃんのおうち

つぶやき

ブログ

2020/10/16 つぶやき

「あのこが、亡くなったあと飼うのをやめようと思ったけど、いないのは寂しい。

今度は、購入じゃなく保護犬を考えているんです。」

 

とても嬉しく思いました。

 

一人でも多く、そんな思いをもっていただけたら・・・

 

なかなか減らない保護犬・保護猫。

 

1匹でも多く、幸せをつかめたら・・

 

私は、ボランティアでも、保護活動をしているわけでもありません。

 

ただ、ただ、一緒にいられたら・・・

 

うちに来たら、少しは幸せでいられるかも・・・

 

温かい部屋と、ご飯は準備できるよ。

 

病気だったら、怪我があったら病院につれていくよ。

 

私は、そんな小さな、小さな思いだけです。

 

空きができたら、1匹、うちに来てもらおう!って考えで。

 

ボランティア団体でもないので、寄付は集めていません。

 

そして、保護活動をしているつもりもないので。

 

結果として、保護犬4匹・友人の預かり犬1匹・保護猫7匹になってしまっただけ。

 

保護犬3匹は、我家の仔

 

保護犬1匹は、里親募集の仔(保護活動家と言われているかたから)

 

保護猫5匹は、我家の仔

 

保護猫2匹は、里親募集の仔

 

崩壊しないように、今の頭数以上にはできません。

 

だから、保護犬猫ちゃんの話がきても、預かりはしません。

 

今は、できません。

 

悲しいですが、増えれば幸せの補償もできません。

 

餌代・病院・ワクチン他、全て自腹ですから(笑)

 

大きな病気やケガをすると、赤字(笑)

 

しょうがない

 

しょうがない

 

毎日、楽しそうに走りまわってる君たち見てたら、

 

こっちも楽しくなっちゃうものね。

 

dsc_0603

dsc_0604

dsc_0601

dsc_0596

dsc_0520

 

*******:一口メモ:*******

保護犬・猫を考えたいとき、

お住まいのある

①動物愛護センターのホームページ

千葉県であれば、富里市にある

千葉県動物愛護センター

もしくは、市役所や区役所のホームページ。

②各愛護団体のホームページ

インターネットで検索すると、沢山出てきます。

個人で出されている方もいます。

 

愛護団体からもしくは個人から考えている方

①健康状態が正しく記載されているか

②ワクチンは間違いなく接種しているか

③ノミ・ダニ・駆虫は済んでいるか

きちんと確認してみましょう。

かかった費用は里親になられる方に

ご負担いただくところが多いです。

 

犬猫に限らず、ペットの飼育には

費用がかかります。

寿命までにかかる費用を考えてから

飼育の決断をお願いします。