まぁちゃんのおうち

出会いが大事

ブログ

2021/08/03 出会いが大事

210531_114356_exported_11199(若葉と鈴之助、元気に育ってます。)

 

 

 

今日は、ちょっと違うお話をします。

 

飼っていた動物が亡くなると、たいていの人はこう考える。

 

「うちにこなければ、もっと幸せになれたのかもしれない」

 

「私が、気づいてあげられなかったから・・・」

 

「私じゃなかったら、もっとわかってあげられたかもしれない」

 

「他の人だったら、もっと長生きさせてあげられたかもしれない」

 

そうじゃないんです。

 

この仔と、どう出会ったのか。

 

この仔が、何故、自分のところに来ることになったのか。

 

大切なことは、最初の出会いです。

 

亡くなったことの悲しみは、計り知れないものです。

 

悲しみの中にいると、出会った頃のことを思い出せず、いなくなる数年前のことばかり。

 

病気だったり、事故だったり。

 

出会ったとき、どんなでしたか?

 

思い出すと、来るべきして来た何かがあるはずです。

 

思い出してみてください。

 

どうして、この仔だったのでしょう。

 

どうして、この仔を選んだのでしょう、いや、この仔に選ばれたのでしょう。

 

不思議なことは、なかったですか?

 

出会った時には、すでに神様から人間界にいる期限を決められているんです。

 

だから、亡くなったのは、誰の責任でもないんです。

 

動物たちは、「ありがとう!」と虹の橋を渡ります。

 

そして、次また人間界に行く順番を待ちます。